薫原好江
警視庁公安部に所属する公安捜査官の一狼は、上司の命令で、政治家相手に男娼まがいのことを行っているヤクザ・獅郎に接近し内偵と監視をすることに。
ところが、ひょんなことから、獅郎が先輩捜査官の弟であることが発覚。
謎の失踪を遂げた先輩を探したいとずっと思っていた一狼は、ひそかに獅郎と手を組み、二人で先輩の事件の謎を追う決意をする。
上司の目を欺くため、「恋人」のフリをしつつ――。